鹿の解体体験

近年、日本の各地で鹿や猪による農業被害や林業被害、または都会への出没などが報告され、そんな野生動物を捕獲する「有害鳥獣捕獲」という言葉も知れ渡るようになってきたように感じます。

そんな捕獲した鹿や猪は、無駄に処分されるモノではなく、豊かな森で育まれた大切な資源として考えれば、ありがたく頂きたいものです。「捨てれば殺生、食べれば供養」です。田歌舎では、複数のスタッフが狩猟者(ハンター)、また有害鳥獣捕獲員として、通年、鹿の狩猟を行っています。

森に育まれた「お肉」を自らの手、目で、そして味覚で実感していただければと思います。

普段スーパーに並ぶお肉。店頭に並ぶまでには、当然のことですがこうした「命をいただくというリアル」が存在します。身近なお肉をいただくということを、「狩猟」という自然の営みを通じて、動物の命の有り難さ、美味しさ。そしてその大切さを感じてもらえたらと思っています。

丸1日、時間いっぱい使ってできるだけ参加者の人に解体を進めてもらう、じっくり獣捌きコースです。昼食は「鹿カツ」といったような、鹿肉の味覚を楽しめるジビエ料理をご提供します。

鹿の解体体験 参加要項
開催期間 猟期中の11月15日から3月15日まで
料金表 ◆1~3名:24,000円(税込25,920円)/1グループ
◆5名以上:6,000円(税込6,480円)/お一人様
◆団体(11名以上):人数によって割引できます。ご相談ください。
参加対象者 中学生以上(小学生以下の場合、親同伴で食事代1,500円のみで、見学も可能)
団体様の体験においては年齢制限はありませんので随時ご相談ください
集合場所・時間 午前10時/田歌舎
所要時間 約4時間
参加費に含まれるもの 昼食代、保険代
持ち物 動きやすい服装、汚れても良いジャケット(または雨具)、長靴(冬は防寒対策を)
昼食について 参加費に含まれています。
最小催行人数 4名様から(3名以下の場合は1グループ料金となります)

 

ページ上部へ戻る