視察ご希望の方へ

視察ご希望の方へ

自然災害、異常気象…etc. 壊れゆく地球環境を都会にいながらでも感じられるほどになってしまった自然環境を目の前にして、いま世界中でSDGs・サステナビリティが叫ばれています。持続可能な社会とは、持続可能な暮らしとはなんだろうか。

里山で暮らしていた頃のわたしたち日本人にひとつ、ヒントがあるはずです。豊かな森の恵みを持続的に利用していく多様な知恵を持ち、自然と密接に結びついた暮らし。作物を育て、棲み処を作り、火を扱い、獣を狩り、捌き、料理をする暮らし。

田歌舎は2004年に創業当時から、寒暖差が大きく森林面積96%を誇る自然豊かな京都美山町をフィールドに、はるか昔から引き継がれてきた先人の知恵を活かした持続可能な自給自足のモデルをつくり、磨いてきました。

食料自給率は9割以上、お米や野菜をスーパーで買うことはありません。公共の水道はなく、施設より400mほど奥にある山から湧き出る天然水を水源とする自家水道システムを作っています。

建物は大小様々な10棟以上の建物をセルフビルドしています。木の伐採をして、その木を建材として使用することも。そして、季節に応じて山菜やキノコといった山の恵をいただきながら、猟犬・ヤギ・合鴨たちとともに暮らしています。

失われつつある自然を守り、活かす知恵と技術。私たちはその確かな伝え手となり、視察に訪れる個人・企業の皆様に持続可能な暮らし方のノウハウを存分にお伝えします。

テーマ別 視察プログラム

視察の目的に応じて以下テーマ別に施設の案内・見学・座学など行います。

①持続可能・自給自足の暮らしの仕組み・ノウハウ
農業狩猟をはじめとした通年の食糧自給、自家水道、自伐型森林管理、建築、牧畜。持続可能な暮らしのモデルをお伝えします。
②ジビエ活用・解体場運営・販売のノウハウ
年間200頭近い鹿・イノシシの余すことなく有効活用するノウハウを10年以上の解体場運営・販売の事例とともにお伝えします。
③脱都会の若者が集まる仕組み・仕掛け・研修制度
田歌舎のメンバーは全員移住者。10代~30代の若者が多く集まり、日々技術を磨いています。その仕組み・仕掛けをお伝えします。
④地域連携・エコツーリズム・環境保全・地域活動
地域に根ざして事業を営む上で、様々なことで地域の各種団体と連携しています。地域と事業者Win-Winとなる仕組みをお伝えします。

視察スケジュール / 料金プラン

視察当日の具体的な内容につきましては、目的に応じてアレンジさせていただきます。視察ご希望の際はお気軽にお問い合わせください。
料金については視察にいらっしゃるお客様の人数問わず、以下料金設定とさせていただきます。両プランとも食事付きなのは、田歌舎のほぼ全ての活動が食と紐付いておりますため、ぜひ食べることからも感じていただければと思い、食事無しのプランはあえてご用意しておりません。

食事付き1日のプログラム

・内容:AM施設案内 → 昼食 → PM 講座など
・所要時間:約4時間
・視察料金:
  – 代表対応|税込¥44,000+食事代
  – スタッフ対応|税込¥33,000+食事代

食事付き半日のプログラム

・内容:食事の前 or 後にテーマに関しての紹介・質疑応答、施設案内など
・所要時間:約2時間
・視察料金:
  – 代表対応|税込¥33,000+食事代
  – スタッフ対応|税込¥22,000+食事代

ランチメニューについて(税込¥2,750/1名)

メニューは「ジビエ」に特化したメニューと、自給自足食材全般を織り交ぜた季節のメニューの2種類です。
ご希望に応じてどちらかをお選びください。

【1】ジビエバリエーションランチ

鹿肉を中心に、ブロック肉・加工肉(ミンチ・そぎ落とし肉等)、燻製などそれぞれ用いたメニューです。主食・副菜付き。田歌舎自慢の多様なバリエーションの獣肉をお楽しみください。

【2】自給自足の季節のランチ

持続可能な暮らしから生まれる季節の旬の食材をふんだんに用いアレンジしたランチをご提供します。約1,5ヘクタールの農地で可能な限り低農薬で育てた畑から採れたばかりのお野菜に自家栽培のお米。春なら山菜、秋はキノコなどなど、田歌舎の自給的な営みを食を通じて体感できるメニューです。

視察ご検討・申し込みご希望の方へ

田歌舎へ視察に来られる目的や、視察内容のご要望をヒアリングさせていただいた上でプログラムについてはアレンジし決定いたします。

視察をご検討・ご希望の方はまずは一度、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはこちら