ほんの1週間限定の冬景色でした。

(京都府立大学 2泊3日ワークの実習生たちと)

ようやくの雪景色の中、スノーシューツアーも数回開催できました。
ドイツからのお客様、ブラジルからのお客様。ますます多国籍ですね。
今日は旅行社の人たちに向けた狩猟ツアーのモニターツアーとスノーシューの2ツアー同時開催。久々にスタッフ総動員でバタバタでしたが、お料理部隊としてメキメキ腕をあげるしおんちゃん。本日ツアーのお昼ご飯もバッチリ「美味しい〜、やわらか〜〜い」と決まり文句頂きました!頼り甲斐あります!

2週連続でやってくる府大の大学生ワークでは、1週目の3名が終わりました。冬の田歌舎の営みの厳しさとともに楽しさも感じてもらえたかな。好奇心旺盛な学生たちで嬉しかったですね。

ブラジルからのお客様。珍しい雪を満喫してくれたかな。本業は農林業関係ということで、熱帯とは違う日本の自然に興味津々だったそうです!

雪上のランチ。冷たい雪の上で暖かいパンとスープ。

お料理部隊のしおんちゃんも、隙を見てツアーに参加!
府内の学生たちは解体に挑戦。
旅行社、ホテル関係の方々へのモニターツアー。別世界の体験に驚かれてました。こんな体験も旅行社が売る時代が来るのか!?
里芋コロッケを頰張るゆめ。幸せそうやな。ゆめが大きくなっても豊かな自然と素敵な四季が残ってますように。

おすすめの記事