冬ごもりもそこそこに。

冬らしい景色の時は束の間で、根雪に春まで閉ざされることがなくなった田歌です。
真冬の一月も雨水を待たず雨が雪を溶かし、啓蟄を待たず大きなマルハナ蜂が舞う姿を2月にみるなんて・・。

雪の無い快晴の田歌。四季折々、暮らしの側の風景(借景)に癒されます。
2月某日。スタッフみんなで裏山の五波峠へ、最後かもしれないまとまった降雪ということで、今年最初で最後のXCスキーを楽しみました。
根雪に包まれてこそ春まで持ってくれる畑の野菜たち。雪が無いとかえってマイナス10度近い極寒の日に凍てついてしまうんです。
そんなことからも根雪は私たちには大切で・・。この地では雪があることを前提とした暮らしがあるんです。
おすすめの記事

Warning: getimagesize(/home/tautasya/tautasya.jp/public_html/wp-content/uploads/2020/02/20200213_200213_0003-600x600.jpg): failed to open stream: No such file or directory in /home/tautasya/tautasya.jp/public_html/wp-content/themes/diver/lib/functions/diver_settings.php on line 1508
未分類
ワークショップ3日目
スタッフの磯部です。 京都府立大の学生さんが2日目からは、3名になり今日が最終日となりました。 2日目は狩猟体験となり昨日仕留めた雌鹿を解体...